家賃以外の費用も加味するのを忘れないようにしよう

敷金、礼金が必要な場合が多い

家賃生活をするときの費用として真っ先にイメージとして出てくるのが家賃ですが、実際に賃貸生活をするとなりますと、家賃だけが発生する費用ではありません。家賃以外に発生する費用として代表的なものが、敷金や礼金と呼ばれるものです。敷金は家賃などの債務の担保として預けておく、いわば保証金のような性格のものです。このため家賃が支払えなくなった場合にはこの敷金を補填していくこととなります。また退去時の原状回復における修理費用についても、この敷金から賄うこととなります。そして敷金に残金があれば手元に帰ってくることとなります。一方、礼金は家主に対する謝礼金という性格のもので、敷金と違ってこちらは戻ってきません。

仲介手数料などの初期費用もある

そして家賃生活をするうえで見落としがちなのが初期費用です。契約時においては敷金や礼金、初月の家賃分のほかにも様々な初期費用を支払う必要があるのです。まず挙げられるのが仲介手数料と呼ばれるものです。これは仲介してくれた不動産会社に対して支払うもので、一般的には1か月分の家賃に相当する額となります。また保証会社へ支払う保証料もあります。これは家賃保証会社を利用する場合に必要で1か月分の家賃プラス0.5か月分の共益費に相当する額が相場です。さらに火災保険料もあります。火災や水漏れなどに備えて損害保険に加入するもので、単身の場合で1.5万円、家族の場合で2万円程度です。このほかにも殺虫消毒代やハウスクリーニング代なども費用として挙げられます。

© Copyright Quick Rent. All Rights Reserved.