賃貸物件の内覧とは何か

内覧とは、住みたい部屋に行って実際に見てみること

住みたい部屋を決めるとき、まず不動産屋に行ったり、インターネットを使って、部屋の間取りや写真・家賃などを見て部屋を探すと思います。部屋の間取りや写真を見ただけで、引っ越して実際に住んで見ると、「あれっ、なんか最初のイメージと違うな」という印象を受けて後悔するかもしれませんね。そんな後悔をしないために、部屋を契約する前に、その部屋に出向いて、実際に自分の目で見て確認することがとても大事です。 実際にその物件に行ってみて、自分のライフスタイルを想像しながら内覧してみましょう。間取りや写真などの資料だけではわからないところ、また周囲の施設などもチェックして、より良いライフスタイルに向けた物件選びをして、新しい一歩を踏み出しましょう。

内覧するときの注意点

内覧すると、写真などの資料ではわからなかった部屋の広さなど体感でき、雰囲気を知ることができます。しかし、内覧するときに、ただ何となく部屋の広さや雰囲気を確認して、これで良いかと物件を決めている方もいらっしゃるかもしれません。ですが、せっかくその物件まで足を運んで、内覧するのですから、自分の生活スタイルを具体的にイメージしながら、十分納得いくまでチェックした方がお得ですよね。 日当たりや部屋の壁・床の汚れ、隣室の生活音や上階の足音という基本的なところのチェックはもちろんするべきです。より細かいところで、キッチン、浴室やトイレなどの水廻りが清潔かどうか、建具の開け閉めのスムーズさ、収納の使い勝手など、生活してみたときの状況を想像しながら、チェックすると良いと思います。「これはちょっと気になるな」というマイナスポイントが出てきても、後から、そのマイナスポイントも含めて契約するか決めれば良いです。

© Copyright Quick Rent. All Rights Reserved.