家賃がいくらまでなら生活できるかを考えよう

相場は月収の3分の1?

収入に見合わない賃貸を契約してしまうと家賃が払えなくなってしまうが、その基準が月収の3分の1と言われています。しかし、この基準を元に考えると月収20万円の人の家賃相場は6~7万円程度が妥当という計算になります。ただ、月収が20万円程度の人の手取りは17~18万円程度です。そのため、家賃が6万円の家に住んでしまうと12万円程度で生活しなければいけなくなってしまいます。したがってこの基準は見直す必要があるでしょう。
相場としては大体手取りの4分の1程度が妥当と考えるのが良いです。例えば月収が20万円の人を例に考えると手取りが18万円程度なので、4万5000円程度という計算になります。この程度なら無理なく払い続けることができるでしょう。

お得な物件選びのコツは?

家賃は安ければ良いというものではありません。いくら家賃が安くても、壁が薄くて隣人の声が丸聞こえだったり、上の階からの振動がすごかったりすると、本来落ち着くはずの家の中でもストレスを感じてしまうでしょう。そのため、物件を選ぶ際はなるべく鉄骨か鉄筋コンクリート造の物件を選ぶのがおすすめです。
ただし、これらの物件は少し家賃が高くなってしまう可能性が高いです。そこで家賃を少しでも安く抑えるには、各駅停車しか止まらない駅の物件を狙う、駅から遠い場所を選ぶなどといった方法があります。各駅停車しか止まらないと、利用できる電車の本数が少なくて不便に感じるかもしれませんが、地方でない限り電車の本数が多いので困ることもあまりありません。

© Copyright Quick Rent. All Rights Reserved.