内覧で確認すべきポイント

採光性があるかどうか

賃貸物件における内覧において確認すべきポイントとしてまず挙げられるのが採光性です。日当たりが良好であるかどうかをチェックします。採光性が良ければ室内は広々とした空間になり、しかも清潔感が出てきます。何よりも日が室内に差し込めば、日中は電気を使用する必要がありませんので、経済的と言えます。もし日差しが入らなければ、室内は暗い空間となってしまいます。暗い空間はそれだけで閉塞感があり、気持ちも沈んでしまいます。日中でも電気を使用しなければなりませんので、経済的な負担も大きくなります。賃貸物件を見る際には、まずは明るさに注目して、日差しが部屋に入りやすくなっているかどうかをチェックするようにしましょう。

洗濯機が室内に置けるかどうか

そして賃貸物件の内覧で見過ごされがちなのが洗濯機置き場です。洗濯機置き場が室内にあると思っていたのに、実際に住んでみたら室内に洗濯機置き場がなかった、といったケースがしばしばあります。通常、洗濯機置き場は室内に設置されていることが多いので、賃貸物件においても当然、室内に置けるものと思っている人も多くいますが、実は賃貸物件の中には室内に洗濯機置き場がない物件も多くあるのです。室内に洗濯機置き場がない物件では、通常はベランダに設置することとなります。ベランダ設置の場合、外で洗濯機を回す必要があり、夏場や冬場はとても不便となります。このため、内覧する際には室内にしっかりと洗濯機置き場があるかどうかについて、確認するようにしましょう。

© Copyright Quick Rent. All Rights Reserved.