これから初めて賃貸生活をする人は失敗しないために押さえておきたいポイントがあります。きちんと理解しておかないと物件を選び間違えたと後悔してしまうこともあるので、重要な点について詳しく理解しておきましょう。

賃貸物件探しでの内覧

賃貸物件を探しているときには内覧をして最終決定をするのが肝心です。しかし、内覧で何をすべきかがわからない人もいるでしょう。賃貸物件を選ぶときに内覧がどんな意味を持ち、何をする機会になっているのかを理解しておきましょう。

View more

賃貸物件の内覧とは何か

内覧で確認すべきポイント

内覧できないときにはどうするか

賃貸生活の資金計画

賃貸物件を借りて生活をしていくためには資金計画を立てる必要があります。家賃を毎月支払わなければならないのが主な理由です。資金計画の立て方について賃貸生活をするのが初めてでもわかるようにポイントを紹介します。

View more

家賃がいくらまでなら生活できるかを考えよう

収入に見合わない賃貸を契約してしまうと家賃が払えなくなってしまうが、その基準が月収の3分の1と言われています。しかし、この基準を元に考えると月収20万円の人の家賃相場は6~7万円程度が妥当という計…

詳しく見る

家賃以外の費用も加味するのを忘れないようにしよう

家賃生活をするときの費用として真っ先にイメージとして出てくるのが家賃ですが、実際に賃貸生活をするとなりますと、家賃だけが発生する費用ではありません。家賃以外に発生する費用として代表的なものが…

詳しく見る

退去のことまで想定して資金計画を立てよう

計画的に貯めておくことが大切

賃貸を借りる場合、退去時のことまで考えて資金を貯めておくことが必要です。賃貸物件は敷金・礼金を始め、地域によって呼び名が異なる資金が多々存在しています。地域ごとに違う呼び名であっても、支払うことに変わりはありません。地域によっては家賃の半年分から7ヶ月分までを支払う必要があるため、現在住んでいる物件から退去することを考えて貯金をすることが必要です。現在住んでいるところを更新することを考えているのであれば特に問題ありませんが、引っ越すことを考えた場合、早めの貯金を考えてください。毎月少しずつ貯金をしておくことで、将来の引越し資金について困らずに済みます。給料日に貯金通帳から定期預金に自動で預金できるようにしておくと貯めやすいでしょう。

退去時に敷金が返ってくるように使う

基本的に礼金は賃貸物件を借りる時に大家から返還されませんが、敷金はよほどひどい破損や故障を引き起こしていない場合、変換されることが一般的です。退去時に変換されるようにあらかじめ入居時から準備をしておくと、変換されやすいでしょう。まず第一に不動産業者や大家の立会いで入居前に物件の見学を行ってください。物件を確認する時に、ビデオカメラやスマートフォンのカメラ機能を起動させておき、物件の状態を必ず保存しておきましょう。その後、退去時にも同じように撮影し、経年劣化や使用による故障や破損があるか確認してください。撮影した内容に間違いがなければ敷金が帰ってくるため、なるべくきれいに使うようにしましょう。戻ってきた敷金を新しい家の資金にすることもできます。

札幌の賃貸の寒さ対策は?

札幌の賃貸を探すとき、寒さ対策が気になるところの一つでしょう。築浅物件であれば断熱性・気密性に優れた物件が多くなっています。また、複層ガラスになっていたり、2階以上を選ぶようにすると、寒さが違います。

© Copyright Quick Rent. All Rights Reserved.